事業のご案内

浜川塗装で出来ること

service-02.jpg

外壁塗装

外壁材は、そのほとんどが10年前後で最初の防水性が切れてしまうため、一般的に築10年で1回目の塗装をする必要があると言われます。 

外壁塗装をすることによって、新築のような輝きを取り戻すことができますし、あえて新築時とは違ったデザインや色味に変えてイメージを一新させることもできます。そして塗料を塗ることで、劣化した外壁を風雨や紫外線などから守ることができます。外壁の塗装は、建物の美観+外壁保護するためでもあるのです。外壁塗装をする際は足場を組むので、屋根塗装も同時に行うのが効率的です。

service-01.jpg

屋根塗装

屋根塗装が剥がれてしまった場合、放置していると雨や風、太陽光などの影響を受け続けます。屋根材が劣化し、お家の内部に雨水が浸入した場合、雨漏りなどを引き起こします。

剥がれが発生して、すぐに雨漏りが発生する訳ではありませんが、いすれは屋根内部まで劣化がすすみます。できるだけ早めの補修をおすすめします。 

屋根塗装をする際にも、足場の設置は必須となります。屋根塗装と外壁塗装を別々にすると、一回一回の金額は安くなりますが、トータルで見ると高くなってしまいますので、足場を一度かけたときに一緒におこなうのがおすすめです。

service-04.jpg

雨戸/雨どい

雨戸は紫外線や雨風を常に受けています。そのため、見た目が汚れてきたり、金属製の雨戸が多いためサビが発生するなど、年数を重ねるごとに劣化が進んでいき、見栄えが悪くなります。
また、雨戸のサビをそのままにしておくと、サビの成分が雨水に混ざって外壁を汚してしまうだけでなく、サビや汚れにより外壁の塗装が劣化する要因となることもあるのです。塗装でしっかりメンテナンスしておくのがおすすめです。
また外壁塗装をされる際には、雨戸の汚れや傷みが逆に目立ってしまいますので同時に施工されると良いかと思います。

service-03.jpg

防水工事

大切なお家を守り、いつまでも快適に過ごすためには、屋根や屋上、外壁、ベランダなどから水の浸入を防ぐことが大切なポイントです。どんな家でも年数が経てば水漏れのおそれは出てきます。 水が屋内に入り込むようになってからでは工事費用が多くかかってしまいますので、防水工事は早めに行うことをおすすめします。

service-irekae.jpg

コーキング入れ替え

コーキング目地は、外壁や屋根、窓ガラスのサッシ周り、基礎部分などにも使用されています。耐用年数は3~5年で、しわ・ひび割れ・剥離などが現れてきたら入れ替え工事が必要になってきます。
コーキング材が劣化してくると防水効果が薄れ、家の建材の内部に雨水が入り込み、家の老朽化が進む恐れがあります。またもう一つの大切な役割が、地震によって生じる亀裂が外壁に入らないように防止することです。コーキングの役割は住宅にとって重要なものです。目で見て分かるものですので、定期的に点検し、経年劣化による症状が現れてきたらすぐに処置をすることが大切です。

top-slide-04.jpg

外壁診断・出張相談

経験豊富な職人が直接お伺いし、大切なお家を診断させていただきます。四日市市内全域を含む近隣のお客様は無料です。

塗り替えが本当に必要なのか?今のお家の状態を診断するだけでなく、例えば他社の見積りが適正なのか?値段の相場は?そんなお悩みや不明点は浜川塗装にご相談ください。

​四日市で40年以上、今まで培ってきた経験から、お客様の立場に立って適正なアドバイスをさせて頂きます。